twitter facebook お問い合せフォーム

生意気っていいな。

自信とキッカケ!
2019-06-10

自信とキッカケ!

 基本、学生は理想論者です。しかも人生経験に乏しいため、世間や社会の裏表を知らず、物事の善し悪しを判断する眼力がありません。


 だからこそ、学生というのは、有り余るエネルギーを猪突猛進の精神で、色々なところにぶつけます。その最たる事例が、昭和30年代から40年代にかけての日米安保の学生紛争でしょう。


 今は価値観も多様化して、学生が一致団結して世の中に挑戦するということはなかなかお目にかかれないでしょうが、でも個別にみると、昔も今も学生の姿というのは、あまり変わらないと思います。


 酒を飲みながら、喧々諤々の議論をするのも、気の合う仲間同士でカラオケに行ったり、麻雀しながらオールしたりするのも、一種のエネルギー発散です。


 学生は、そういった理想論者で生意気さがあるからいいんです。就活は確かに大人になっていく過程にある登竜門ですが、大人になって、サラリーマンになるのは、まだまだ先で十分。何も今の時点で猫をかぶる必要はないです。


 心配しなくても、いずれ働き出したら、生意気さは次第に丸くなっていきます。現実を知って、社会の裏表を垣間見て、多くの失敗をして、理想論者から現実主義者になっていきます。


 でも今この時点で、現実主義者になる必要はないと思いますね。少なくとも僕はね。


 就活を頑張ってる学生は、自分の理想を大いに掲げて、変に大人のフリをしないように。今刺々しくて、理想とプライドが高いことこそ、将来のエネルギーになるし、キラキラ輝く魅力的な人生を全うできる要件だと思いますよ。今から大人の真似をする必要なんてないし、そんなことしたら成長が止まってしまうからね。まだまだ背は伸びていきます。それを上から無理やり押さえつけたら伸びるものも伸びなくなる。


 皆自分で思ってるほど、自分ってダメなヤツじゃないですよ。今の生意気さを肯定的に見てあげて、これから堂々と社会にぶつかっていってください。


 「過小評価症候群」 に陥ってしまう気持ちは痛いほど判りますか、今の自分以上を認めてあげないないと、この先背は伸びないからね。誰に生意気と言われようが、面接で連敗しようが、自分は自分。

 ちなみに、自分に自信を持ちたい方、何に自信持っていいか判らない方、いつでもSOSメッセください。

▲PAGE TOP