twitter facebook お問い合せフォーム

正しい「熱意」とは? その3

面接
2014-12-03

面接

会社サイドが採用スペックにハマるかどうかを判断する材料として、学生が率先して提供しなければならないもの、それが、「将来に対するアツさ、自分の将来と戦う姿勢」というヤツです。

 具体的にどういうことかというと、単純に、働くということに対して前向きであるかどうか?もっと俗っぽく言うと、ガツガツしているかどうか?という視点です。

 学生はまだ仕事をしたことがない。だから仕事の実績で判断することができません。しかし、まだ仕事をやったことがないだけに、何でも出来る可能性があります。でもでも、何でも出来るとは言っても、向き不向きは当然あります。さらに、会社規模が小さくなればなるほど、社風やクセに馴染んでくれるか?という心配がある。そして、これはどこの職場でも起こり得るんですが、人間関係で悩まないか?という不安もある。

 僕のような、そこそこの社会人経験と実績があり、転職してもある程度のポジションを与えられる人間であればともかく、未知数の学生を採用するかどうか?の判断には、以上のような懸念材料がある訳です。

 結局のところ、仕事をやらせてみないと、将来の本当の姿は判らないんですけど、でもせっかく採用して、自分の手元に置いてイチから教育していく訳だし、出来るだけ長く勤めてもらいたいのは確かです。一般的な新卒が、会社の成長と利益に貢献してくれるようになるのは、数年後であるということを、会社サイドは知っているからです。

 仕事の現実は泥臭いものばかりです。先日書いたIKKOさんの話( これ  と これ  )ではないけれど、どんなに華やかでキラキラ輝いている仕事であっても、自分がその域に達することができるためには、かなりの時間がかかるし、かなりの修行が必要です。これはメーカーであれ、金融であれ、商社であれ、どんな会社でも同じです。

 生意気で現実を知らない学生は、この修行時代をイメージするのが苦手です。それがイメージする材料を持っていないんだから仕方ないんだけど、でもあまりに自分の将来を自分なりに成功している図ばかり想定していると、この修行時代に耐え切れなくなる可能性が高いんです。

 その修行時代という、泥臭くて逃げたくなる時間を、何とか踏ん張って、少しでも前向きに楽しいことを見出して過ごしていけるどうか?を、面接時に判断するために、面接官は自己PRや志望動機を筆頭にあれこれ質問していくのですが、最終的な合否は、候補者である目の前の学生が発するアツさにかかっている、と僕の経験上思います。少なくとも、採用しようか落とそうかどうしようか?と迷ったときはね。

次回で最終。

▲PAGE TOP