twitter facebook お問い合せフォーム

「至って普通」の本質 前編

自信とキッカケ!
2017-05-02

自信とキッカケ!

 今日明日の記事は、カテゴリーは「自信とキッカケ!」 に振り分けましたが、「志望動機シリーズ」番外編 として位置づけて読んでください。   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    若い時期というのは、何かと自分スタイルの確立や、これからの生き方などでいろいろ悩むもんです。    大学の受験は、過去問などが出回ってそれを基に対策を練り、試験勉強をして、点数が良ければ合格、悪ければ不合格、と合否の判断は、誰にでも判る基準で行われます。偏差値志向や点数至上主義との批判も巷では囁かれますが、良し悪しは別として、少なくとも判断基準というポイントに視点を置くと、実に透明性があります。透明性があるからこそ、対策も立てやすい訳です。    大学受験だって、受験生にしてみれば不安この上ないのですが、でも対策としてやるべきことが見えているという点では、それに集中して没頭すれば良いので、道は見えている状態。    しかし就活はどうでしょうか?自己分析や企業研究、面接対応等々、対策ツールは巷にイヤというほど出回っていますが、進むべき道はハッキリ見えていますか?    見えないですよね?なぜかというと、受験と違って就活の判断基準は、個人の本質に委ねられるからです。だからA君とB君が、全く同じ対策を行っても、両方内定が出るとは限らない。どちらか片方だけ内定が出るかもしれないし、両方とも落とされるかもしれない。それが就活です。    何をやっても手ごたえがないので、目標が見出せず、受験時代のように没頭も出来ない状態。得体の知れないモヤモヤ感に支配されて、できることなら引きこもっていたい・・・っていう逃避にも似た心境になります。  「こんな想いは自分だけ抱いているのかな・・・?」  「他の子は進むべき方向性を見出しているみたい・・・それに比べて私は(泣)。」  「こんな私を雇ってくれる会社なんてあるんだろうか・・・?」    なんて感情が支配してしまいます。自分だけ取り残されている感、です。    でも心配しないでも大丈夫。これは、至って普通の感覚です。自分があまりにも平凡だから不安になります。でも学生なんて、たかだか20年くらいしか生きてないし、社会的経験もこれからしていく世代。だから人に負けないようなスゴい経験したヤツなんている訳がないんです。    自分以外の多くの学生も、同じような焦りと悩みが混じったような感情を抱いて不安がっています。不安ばかりで逃避したがっているのは、決して自分ひとりではない、ということをまずは認識してください。     受験のように、これをやれっていれば合格できる!!・・・みたいな対策が打てない以上、先なんて見えっこない。先が見えなきゃ憂鬱になって当り前。これだって至って普通の人間の感覚です。    だから、就活を楽しめない気持ちもよく判ります。だって先が見えないし、ES書いても、イマイチ手応えないし、面接は怖いし、不安ですもんね。    そんな状態だから、会社に対して何に興味を持ってしまったのか?っていうことが、自分のことなのにイマイチ掴めない。だから志望動機も自信持って書けない。    志望動機を苦手だと感じる学生は多いですが、これって突き詰めると、自分が至って普通の学生だ、と自覚していることに起因する場合が多いんですよね。   つづく。              

▲PAGE TOP