twitter facebook お問い合せフォーム

勤務地どうしよう。  その1

就職
2017-03-16

就職

大学に入学後、実家を離れて、一人暮らしをしている学生は多いと思います。都会に住んでる学生、地方に住んでる学生、様々でしょうが、就職活動を始める時期になると、勤務地をどこにしようか?という悩みが出てくると思います。実家住まいであっても、地方の大学に通ってる学生だと、やっぱり一度は親元を離れて、自分の可能性を試してみたい!って考えるかもしれませんよね。こういう悩みを一切持たない学生は、都会に実家があって、そこから大学に通ってる学生でしょう。      地方の大学に通っていて、社会人になっても、地場産業活性のため地元の企業に勤めるんだ!っていう人、そして、今は親元を離れて、一人暮らしをしながら大学へ通っているけど、卒業したら地元に戻って頑張るんだ!っていう人、それぞれいると思います。それはそれで素晴らしい考え方だと思います。純粋に尊敬できる。        しかし、勤務地をどうしようかと悩んでいる学生はたくさんいるんじゃないかな?今は、東京や大阪に住んでて、そのままこっちで就職しようか、それとも地元に戻ろうか?や、地方に住んでて、東京や大阪に一度は行ってみたいな、って想いを持っている人ね。学生に限らず、転職を考えている方だって同じかもしれません。        僕は高校卒業まで島根県に住んでいました。実家があるんでね。それから浪人して広島市に1年住み、大学は東京都府中市、そして大学院でもう一度広島に戻って、そして社会人では東京と、いくつかの街に住みました。        そんな僕の経験上、可能であるならば、一度は実家以外の街 ~できれば都会の方がいいですけど~ で働き、色んな価値観と出会って、色んな刺激を受けて、色んな経験をしてから地元に戻っても、決してムダにはならないって思います。        もっとも、大学を卒業して社会人になるとは言っても、今まで自分が積み上げてきたものがリセットされる訳ではなく、人間関係だってゼロになる訳ではありません。だから勤務地決めだっていろんな要因が絡んでくるもんです。        一番簡単な例だと恋愛ね。学生なんてまだまだ若いし、働いて生計を立てていくという意識が希薄なんで、どうしても恋人ありきで会社を選んでしまうことってあります。彼女と遠距離になりたくない!だから東京に残る!みたいな決め方です。それはそれで動機付けとしては構わないと個人的には思いますけど、同時に今の価値観で、その後の成長を制限するのももったいない・・・って思います。まあ僕は、引越しをする際に、ほとんど彼女いなかったんで、そう思うのかもしれませんが(笑)。        その辺りは個人の価値観次第ですが、一般論でいうと、勤務地を考える際に、現実問題としては、             ①学生時代に一人暮らししてた街 → 地元にUターン              という動きは比較的楽に出来ますが、               ②地元にUターン → 再び学生時代に一人暮らししていた街へ              っていう動きは、難しいものです。いろんな意味でね。              つづく。    

▲PAGE TOP