twitter facebook お問い合せフォーム

当事者意識を養おう! 後編

社会人以降で輝く!!
2018-03-08

社会人以降で輝く!!

 過去に感度か書いてきましたが、僕の新卒入社の会社が大手飲料メーカーでした。・・・もっとも、当時はそれほど大手でもなかったけど(笑)。東京都渋谷区に本社自社ビルを所有していて、地上11階地下1階の比較的大きなビルです。
 僕が新卒で入社した当時、当時の管理部門担当の副社長に、オフィスにいる時には、飲料ドリンクはすべて自社商品を買って飲みなさい!ということを口酸っぱく言われたことを記憶しています。
 言われてみれば、ドリンク類をコンビニで買うと、自社以外の商品が結構机の上に置かれてたりして。本社ビルの各フロアには、自社の自動販売機が最低1台は設置してあったので買おうと思えばいつでも買えた訳です。でもどうせ飲むなら好きなものを飲みたいとのことで、みんなそれほど自社の商品を買うということを意識していなかった・・・それを副社長が指摘したんですね。
 これも当事者意識の欠如と言われればごもっとも。自分のお金出して買うんだから、何を買って飲んでもいいじゃん!っていう意見もありますが、まあプライベートならまだしも、ただでさえ事務スタッフは直接ドリンクを売って歩く訳でもなく、自分とこの会社が飲料ドリンク会社だっていう意識が希薄になりがちで、そこの辺りを副社長は危惧されたんでしょう。
 このように、まずは商品に当事者意識を持つことが先決ですが、商品に限らず、会社で扱うものすべてに対しても当事者意識を持てるようになれるのが理想です。会社の備品も会社のお金も全て自分のモノという意識ですね。
 いまの世の中、原油価格や原料仕入価格が値上がりしている影響で、従来よりも増して経費削減ということが叫ばれています。ここでいう経費というのは、簿記を知っている人なら判ると思うけど、 「販売費及び一般管理費」で処理される経費です。ボールペンや紙代のような消耗品とか、水道光熱費とかね。
 経費削減を敢行しなければならない!・・・と頭では判っていても、これが実際にはなかなかできない。理由はいろいろあるんですが、まあそれはひとまず置いといて、とにかくできない。
 でも自分のモノやお金だと思えば、使い方も出し方も自ずと効果を深く考える訳です。ここまでの感覚になれれば、修行時代をクリアしたも同然。
 商品や備品に当事者意識を持つことは、自分の仕事に使命感を持つことにつながります。これは業務遂行における専門知識を学んだり、ビジネスマナーを体得することと同じくらいの重要なステップ。
 入社後は、何かと辛く苦しい毎日になることが予想されますが、当事者意識を持てるようになることを目指して日々頑張りましょう。

▲PAGE TOP