twitter facebook お問い合せフォーム

数年後の自分と来年の自分 後編

面接
2017-08-15

面接

せっかく自分で考えた自己PRを、面接官に「普通じゃないの?」って言われてしまったら、このように考えて対応してください。
 まずは普通と指摘されたこと自体をラッキー!と思って喜ぶこと。だって、普通ということは、自分の素のキャラが伝わったということだからね。
 面接官が使った、「普通」という言葉が文字通り「普通の状態」、つまり「素の状態」を把握してくれたのか?もしくは、「評価に値しない自己PR」だと判断したのか?は、別にどっちでもいい話。だって自分で考えた自己PRは、間違ってないんだから。
 だからこの場合は、「素の状態」を把握してくれたんだと理解しましょう。それを踏まえた上で、このような構成で切り返せば良いです。会心の笑顔でね。
「確かに私のアピールした内容は、取り立てて誇れる内容でもないし、人より秀でた経験でもないことは承知しています。
 私は社会人になって数年すれば、周りから信頼され、自分なりに企画提案ができ、自分の仕事に誇りと自信を持っているような引き出しの多い大人になって、今の自分の数倍も優秀な人物になるつもりでおりますが、来年の入社一年目は、今の私の延長線上にいる自分で第一歩を踏み出すことになります。最初は、とにかく仕事やしきたり、会社の風土や人間関係を覚えて、仕事の基礎力を養う時期です。
 そういった環境で言われたことややるべきこと、そして覚えるべきことを確実に成果につなげていくためには、決して背伸びををせず、地にしっかりと両足を着けて、至って普通の自分の素の状態をキープして、できることを積み上げていきたいと考えています。
 そういった意味では、今アピールさせてもらったことが、良くも悪くも私の普通の状態です。私はこういう価値観で仕事の第一歩を踏み出すことになります。スゴイことはできないかもしれないけど、やるべきことはキッチリ形にしていけると思っています。そのためには、どんな仕事にも耐えて頑張り、簡単には辞めず長く勤務したいと考えています。とにかく長く勤務すること。これが最大の目的です。よろしくお願いします!」
 社会人になると、相手の話を自分の土俵に持ち込んで、自分のカラーを出せることが重要。そういう意味では、面接官の普通という言葉を、うまく自分の世界に持ち込んでますよね。
 新卒の面接は、自分の可能性を売り込む場なので、このくらいのことを言い切っても良いと思います。これを正しいハッタリと言います(笑)。


▲PAGE TOP