twitter facebook お問い合せフォーム

久々に意気に感じました!

理想の会社論
2008-07-20

理想の会社論

 何度か書いていますが、今、通信制のサポート高校で、あるコースを立ち上げ、来年の本格開始に向け準備をしています。今年はプレ授業を行ってるんですけどね。
 このコースの目的は2つあります。大学や短大、そして専門学校に進学しない生徒が、卒業後に安易にフリーターにならないよう、在学中にプチ的な専門技能を習得させ、正社員として社会に出て行くことが最終ゴールなんですが、同時に在学中に、社会の仕組みやお金の仕組みを理解すると同時に、色んな世界で活躍する大人と触れあい、そこで色んな価値観と出会い、刺激を受け、好奇心を増幅させて、自分に自信を持つ大切さを学んで、18歳以降の長い人生をキラキラ輝くものにする礎にしてほしい・・・との想いもあります。これは進学していく生徒も一緒です。
 これを僕は、 「自分プロデュースアップ「輝き支援クラッカーと勝手に銘打っております。滅多にないので、絵文字使ってみた(笑)。
 昨日は、高校一年生の保護者会があり、そこでこのコースの意義を説明させてもらいました。午前中から吉祥寺、池袋、原宿と、3校を駆け足で回りました。昨日の東京はメッチャ暑く、スーツにネクタイで外を歩くのは辛かったけど、でも有意義な時間でもありました。
 保護者の方からも何人かの方から、 「こういうことを学校で教えていただけると本当に助かる!」とか、「社会のことを教えようにも、われわれ親だってそれほど広い世界を知っている訳ではないので、期待しています!」などと、ご賛同の言葉をいただきました。僕はこれまでいろいろな業界に転職してフラフラしてきたけど、その結果、いろんなネットワークが形成されて、他人よりも幅広い視野を持てるようになったという意味では、よかったなあと。
 「自分プロデュース」という意味では、昨日の保護者会で、ある親御さんから「いつもお世話になっております」とお声をかけていただきました。誰の親御さんかと思ったら、以前書いた記事 「僕もじわーーんとした」  (←リンク)で登場した女の子のお父さんとお母さんでした!
 「なかなか学校に行けなかった娘が、このコースの授業だけは出る!って笑顔で言ってくれたんです。本当にありがとうございます」
 この言葉を聞いて、僕の信念は間違ってなかったと確信しました。仕事をしていて、こんなに嬉しかったのは久々です。来年に向けて意欲が沸いてきました。
 そして「輝き支援」では、就職先の斡旋ということで、いくつかの企業さんと協力をすることになっております。そのうちの一つは、このブログが縁で出逢った社長さん (←リンク)です。生徒が卒業後、アパレル業界でキラキラ輝けるような講座作りを一緒にやっていただきます。先日もお忙しい中、原宿校に授業見学に来てくださいました。
 まだまだ来年に向けて精度を上げないといけない部分がたくさんあります。それをこの半年をかけて作っていきたいと思います。



▲PAGE TOP