twitter facebook お問い合せフォーム

プロセスも大事ですよね。

休題
2008-08-14


 連日、オリンピックで頑張る選手たちのメダル獲得のニュースが飛び込んで来ますよね。先ほども北島選手が200メートル平泳ぎで見事優勝。100メートルと合わせて2冠を達成です。異国でモチベーションとテンション、そして身体のパフォーマンス力を数日間維持するのは、本当に大変だと思います。心から敬服です。
 昨夜は野球・星野JAPANの初戦でしたね。ダルビッシュ投手、残念でした。でもまだまだ試合はあるので、期待して応援します。個人的には和田投手が投げる試合には熱が一層入るかも。何といっても同じ高校出身だもんね。
 ところで、メダル獲得のニュースの影で、惜しくも手前で敗退していく選手もいます。先日も書きましたが、僕は中学のころ柔道をやっていたこともあり、どうしても柔道の試合に目が行ってしまいますが、他の競技も同様。
 4年に一度の大会でメダルまで手が届かない選手には ~特にお家芸である柔道の場合は~ 何かと風当たりもきつくなってしまいます。逆にメダルを獲得した選手には賛辞の嵐なだけに、好対照。
 まあ、スポーツも仕事も、人生ってどんなに頑張っても、どんなに努力しても、結果が出ないというのはよくあることです。自分ひとりじゃなく他人との競争、思惑のぶつかり合いになってくるので、思い通りにいかないことなんてザラです。
 でも、やっぱり人間力の形成には、本番までのプロセスが重要です。結果がイマイチでもプロセスを間違えず、その瞬間瞬間に完全燃焼していれば、必ず何かとカタチで将来活きてくる・・・ということは、何もオリンピックに限らず、一般社会の仕事上でも同じである・・・と、僕の経験上でもそう思います。
 野球やサッカーなどと違い、柔道のようなアマチュアスポーツって、どうしても世間の注目はオリンピックのみに集中するため、オリンピックの結果だけで判断して判断してしまいがちだけど、今回メダルを取った選手だって、その過程である4年間の中ではかなり苦労していました。僕は柔道の試合は時間があれば観戦するので、それも知っています。
 負ければ悔しいし、結果は良いほうイイに決まっているけど、でもやっぱりプロセスを重要視しないと!・・・ということが、ここまでのオリンピックを観ての感想かな。




▲PAGE TOP