twitter facebook お問い合せフォーム

そして本日も駅前なり。

管理部長
2008-08-31

管理部長


 千葉駅周辺マップをご存知の方はお判りでしょうが、千葉駅周辺から京成千葉中央駅の周辺って、食べ物屋さんのバリエーションがメッチャ少ないんです。もちろん食べるところはたくさんあるんだけど、ジャンルが偏っているし、なんか、東京で言えば、赤坂の裏路地とか、神楽坂界隈のような、隠れ家的な落ち着いたお店や、懐石を食べさせるようなこじんまりしたお店がない。まあ千葉だから・・・といってしまえばそれまでだけど、でも横浜とか大宮あたりにはあるんだけどなあ。
 ということで、本当は外食は千葉でも車に乗って郊外まで行きたい訳ですよ。でも車で行くとお酒が飲めない。外食してお酒が飲めないのは非常に辛い、ということで、いつも助手席専門の管理部長様に運転してほしいといつもお願いしているんだけど・・・。
平社員  「ねえねえ、そろそろ車の運転を本気でやりませんか?平日車使えたほうが便利でしょ?」
管理部長 「どうせ、食事行ってお酒飲みたいからでしょ?自分のことしか考えてないのは判ってるんだよ」
平社員  「さすが!だから早く運転しようよ。運転するために車もヴィッツにしたんじゃんか」
管理部長 「だけど、日本の道路標識が全く判らないんだよね。何が何だかさっぱり」


 実は、管理部長は学生時代にアメリカに留学していたときに、向こうで車の免許を取ったらしいんです。全くその行動力には脱帽だけど、なぜアメリカで取ったのか、未だもってミステリーです。


平社員  「全く、二言目にはそれだよ。大丈夫だって。いつも俺とか妹とかの助手席で標識見てるでしょ?何とかなるよ。」
管理部長 「アンタも妹も、危なっかしい運転するから、ハラハラして標識どころの騒ぎじゃないよ。」
平社員 「よく言うわ。いっつも寝てるくせに。ブツブツ・・・」
管理部長 「それに私は右ハンドルしか運転したことないんだよねー。向こうの教習所には左ハンドルの日本車なんてないもんね」
平社員  「・・・全く、言うことがイチイチ向かつくねー。じゃあ結局運転しないんじゃないか」
管理部長 「だいたいさ、車で食べに行ってもお酒飲まなきゃいいんだよ。食事しようと思ってないもんね、お酒飲もうと思って外食してるじゃんか」
平社員  「そんなねえ、外食行ってお酒飲まないなんて、お風呂入って身体洗わないのと一緒だよ。」
管理部長 「それは全く違うじゃんか。馬鹿じゃないの」


かくして、今日も駅前のお店に落ち着くのでした。しかし、アメリカで免許取ったのは、全く用を足さないぞ。

▲PAGE TOP