twitter facebook お問い合せフォーム

シリーズ 2 「この職種・部署ってなにやるの?」

職種・部署
2018-06-22

職種・部署

 学生の皆さんが、いろいろ挫けつつも前向きに就活をし、晴れて内定をもらった会社は、どんな会社であっても、必ず何らかの組織体制が敷かれていて、皆さんはそのどこかの『箱(部署)』に配属になっていきます。箱というのは、例えば営業部とか、人事部とかっていう、部署のことです。会社サイドで組織を造るほうの立場の人間、つまり社長以下、経営陣から見ると、色んな想いや覚悟、さらには期待といった要因が込められて、各々の箱は存在しています。
 でもほとんどの従業員は、ふだん組織というものをあまり意識することはありません。この会社には、そういった箱が初めからあって、そこに行けと命じられたから所属する、みたいな感じ。そんなもんだって思ってる。これは会社規模が大きくなればなるほど、そのような傾向に陥ります。
 これって、経験に乏しい新入社員ならなお更です。しかも所属した箱の価値観、つまり、その箱のリーダーの考えや仕事スタイルをもとに、仕事というものを覚えていきますから、入った箱のリーダーの仕事スタイルが、イコールその会社の仕事スタイルだと認識してしまうケースがほとんどです。それは間違ってはいないでしょうが、実は、会社の想いとはズレれている可能性も現実にはあります。これも会社規模が大きくなればなるほど可能性は高い。
 どういうことかというと、仮にリーダーが、感覚重視の気分屋仕事をしていた場合、それは会社のスタイルではなく、その人のスタイルの域を超えないということ。よく居酒屋やコンビニのアルバイトで、店長によって仕事のやり方が変わった、なんて経験をした学生は多いかと思いますが、悪いほうに変わった場合、これは本来ならあり得ない話なんです。だから社員の教育研修というものが重要になってくるんですが・・・。
 僕のブログを読んでくださる方には、全社的見地で相対的に会社を視るという考え方を学んで欲しいと考えています。少なくとも僕は、新卒のときはそういう人間になりたいと思ってやってきました。だから管理部門にこだわりました。皆さんも常に意識してほしいのは、自分のやっている仕事や自分が所属している箱の仕事は、会社全体ではどういった役割で、どういう部署と相互に絡み合って、最終的な利益や成長に貢献しているのか?ということなんです。
 もちろん、学生なりに会社の箱の役割を研究して、その成果を採用面接の時、面接官に素直にぶつけることはとても健全で重要。学生の新鮮な視点で自分の会社のことを聞くのは、会社サイドの人間にとってみても、非常に勉強になるんです。
 でも反面、学生の企業研究は、上っ面のみの見解が圧倒的です。これはバカにしてるんじゃなくて当たり前の話。HPにしたって会社パンフレットにしたって、キレイなことしか書いてないんだから。会社の本質を知る材料を与えていなければ外部の人である学生には見えるはずもない。
 でもキレイで耳障りのいいことが10項目書いてあれば、その分、その10項目を遂行する上で泥臭く地味な仕事というのも10項目は存在します。表裏一体。
 デパートとかにあるエスカレーターの手すりラバーをイメージしてください。エスカレーターの手すりラバーは、輪っかになって、エスカレーターの動きに合わせて、ぐるぐる廻っていますが、人が実際に目に見えて、つかまるために触れる部分は、輪っかの上半分のみです。でも実際には下半分は底の暗闇を黙々と回っています。上に出て、人をサポートするという仕事をするまでは、黙ってその暗闇の流れに従う。でもその下を回る部分の役割がないと、上で人をサポートする仕事はできないんですよね。
 この例を会社に当てはめると、HPや会社パンフレットに書いてあることは全て上半分の部分。下の仕事について記載しているものはなく、だから学生はイメージもできる訳もありません。
 しかし、面接を行う担当者、特に最終面接に近い担当者は、その上半分はもちろん、下半分も経験して、実績を上げてきた猛者ばかりです。だから、上半分しか見えてない学生がそういった下半分を知っている猛者と面接で会話をすると、テーマは共通項なのに、お互いの話に温度差や食い違い、また圧迫面接のようなカタチに見えてしまうことがあるんです。
 せめて僕は、新卒・転職にかかわらず、実際に縁あってアドバイスさせていただく方、ブログを読んでくださる方には、内定をもらうということはもちろん大切だけれども、内定をもらった後の方が何倍も重要なんだということを抽象論ではなく、意識できるような話を展開したい。その目的の一環が職種・部署の仕事シリーズです。
 職種の内容を含めて企業研究をすること、これを意識して就活をすれば、内定をもらう、ということが決してゴールではないと絶対に判ります。さらに、面接官たちの本音が垣間見えるのではないかなって思ってます。



▲PAGE TOP