twitter facebook お問い合せフォーム

批判と主張

ネット・口コミ・うわさ
2018-07-27

 新卒の皆さんには、ちょっとイメージしにくいことだと思いますが、中途で転職する場合、「職務経歴」というものが問われます。「職務経歴」とは、前職までの仕事っぷりをまとめたものです。 そうやって自分の職歴を面接の際に話していくと、 「差し支えなければ、前職をお辞めになる理由を教えていただけませんか?」 と、退職理由を必ずと言って良いほど聞かれます。聞かれ率100%。  僕のところには、転職希望者からも相談依頼が来るのですが、退職理由を問われれば、どうしても前の会社批判になってしまいます。前の会社の批判はネガティブなので、避けた方がいいとネットで出回っていますが、これは本当でしょうか?・・・って質問が結構たくさんあります。  前の会社の批判は避けたほうがいい・・・これは確かのその通りなのですが、これを額面どおりに受け入れるのもあまり意味がありません。実はこのウワサの本質は視点の置き方によって異なります。   例えば、前の会社は人事評価制度が未成熟だったということに触れる際を例にとると、  他社の状況や友人知人の会社の状況と比較したり、自分が仕事で十分な成果を上げていないのにも係わらず、それを棚に上げてああだこうだと言うのは、文字通り「批判」だと思いますが、自分がここまでキッチリ何らかの成果を上げてきたのも係わらず、客観的な評価がなされず、逆に虐げられてきた場合には、「主張」として苦言を呈するということになって、同じ内容の理由でも、相手が受ける印象度合いが変わってきますよね。  主張の場合は、前の会社に在籍していた際に、上司や経営者に向かって何らかのアピール(自分の成果を認めてほしい等)をしていたかどうかで、信憑性も異なるんですが、要は会社の批判が一概にダメだということではないということを理解してください。辞める一因になったのは確かなんだから。  とにかく巷の情報は概して総論で流れるものです。価値観や仕事観は十人十色。どうか徒に鵜呑みにせず、自分にマッチするかどうかも客観的に判断していってください。  

▲PAGE TOP