twitter facebook お問い合せフォーム

銀河系がたくさんあるように・・・。 前編

就職
2018-06-18

 就活を始めたばかりの4年生の皆さんにとって、今年の夏ごろの自分をイメージしろといっても、なかなか出来ないでしょうが、でも無事、内定をもらって就活を終えた時に、自分が行ってきた自己分析や企業研究のやり方や、面接対応について、後輩に伝授したい!って思う気持ちが芽生える学生は、意外といるもんです。今まさに、4年生の先輩から、いろいろアドバイスをもらってる学生も多いでしょうしね。
 迷える後輩のために、何とか力になりたい!って思う気持ち自体は、大切にしてほしいとは思います。素晴らしいとも思う。ですが、就活のアドバイスというのは、非常に怖い危険性を含んでいるんだということについても、十分に認識してほしいと思います。良かれと思ってやったことが、仇になることもあるんです。
 その危険性とは、一体なんでしょう?それは、4年生の考える就活の方法論は、決して世の中スタンダードではなく、あくまでも、自分自身の個人的な価値観の域を出ないということなんです。つまり、自分の考え方を、他人に押し付けて、従え!と言っているようなものであるということ。
 ブログなどで、自分の就職活動の記録を残しておくのは、良いことだと思います。でもそれって、あくまで、将来の自分に対するメッセージとしての意味合いでしかないというのが、僕の考え。だから、そこから発展して、後輩にあれこれ指導するまで行くのは、ハッキリ言って行き過ぎです。
 自分が就活をうまく乗り切って、そこで得たり学んだりした事柄は、自分の財産にはなり得ますが、あくまでもそれは、ローカルな個人的な主観なんです。
 実は、これは、就活生を対象顧客として、営業活動をしている、新卒専門の人材会社の、若いカウンセラーにも同じことが言えますね。もちろん、全ての人が、そういう危険性を備えているという訳ではありませんけど。
 あくまで一般論ですが、大学4年生や、若い人材カウンセラーの人が、何を基準にして、後輩や、若い転職希望者にアドバイスをしているかというと、それは自分が今までの人生で見聞きしてきた情報です。その情報量は、絶対的に少ないものなんだけど、悲しいかな、その情報しか視えてないから、その情報が、全宇宙であると誤解してしまうんですよね。
 もちろん、全ての人がそうだとは言いませんが、傾向としては、そういう危険性が高いのも事実。
 でも、自分と他人は違います。宇宙で例えれば、それぞれが自分の銀河系を持っています。だから、自分の情報銀河の中には存在しない情報を、後輩は欲しているのかもしれない。この辺のこと、つまり、自分のアドバイスできる範囲は、非常に狭いローカルなものなんだ、ということが判っていないと、最悪の場合、後輩の人生を狂わしてしまうことになってしまいます。これは本当に危険で怖いことです。
 逆に言うと、これから就活を本格的に開始する皆さんも、不安だからといって、先輩やネットに掲載されている情報を、何も考えず受け入れてしまうのは、危険だということですね。ここでいう危険とは、内定が出ない危険というよりも、大学を卒業して、社会人になってから、仕事が長続きしないという危険です。
それでは、このローカルな情報ということが、具体的にイメージできるでしょうか?
つづく!

▲PAGE TOP