twitter facebook お問い合せフォーム

なんで?なんで?の姿勢。

社会人以降で輝く!!
2018-08-30

社会人以降で輝く!!

 最近の若い子はこれだから・・・って思わないようにして、相手の土俵に乗っかることを心がけているとは言え、何でもかんでもこちらが引っ張っていくと、相手は僕に対して依存してきます。
 この依存は、今後の彼らの成長には百害あって一利なし、だと思います。
 全て学生にとって、就活は、誰しも初体験なので、どうやっていいか自分では判らない、よって色々経験者に聞きたい・・・という気持ちはよく理解できる。それを聞いて、少しでも不安感やモヤモヤ感を払拭して、背中を後押ししてあげるのが、僕のような大人の役目。
 しかし、これが度を過ぎると、かなり危険。同じ初体験で不安な出来事でも、ちょっと自分で調べれば解決することって、意外とあります。特にビジネスマナーの世界ね。添え状どうすればいいか?とか、お礼のメールはどうすればいいか?とかね。
 例えば、ESや履歴書を送る際の添え状に関して、送ったほうがいいのか?って聞いてくる学生は、まだ良しです。やったことがないんだから。でも、どう書けばいいか判らない、っていうのは、ちょっと本屋さんに行けばサンプル文面はたくさんあります。これは、自分で考えて解決していかないといけない部類の不安です。
 このように、依存、特に就活や仕事における依存っていうのは、依存した時点で、自分で思考するということをシャットアウトしています。これでは進歩がない。進歩がなければ、発想力や感性は磨かれないので、幸せになれない。
 ・・・と、僕は考えています。
 最初は、初体験なんだから、失敗してもいいと思う。そこで、なんで?なんで?って、常に自分の脳に訴えていけばそれで十分。その姿勢が、未来の自分の幸せにつながるステップだと思います。
 失恋だって同じ。失恋するのは辛いけど、なんで?なんで?ってあれこれ考えてしまうのが、言い方は変だけど、失恋のメリットです。ある意味、失恋が一番自分の脳に訴える出来事かもしれません。だから若いうちの恋愛は積極的にやるべきなんだけどね。
 自分で考える力と、自分に気づく力は、どんな仕事をしても、必ず必要とされる、表立って見えないけど、非常に重要なスキルです。だから、出来れば25歳くらいまでには、このスキルを体得してほしいです。このスキルは、初体験の就活や、新社会人の修行時代、また失恋のような、手痛い失敗の時にこそ磨かれます。
 宿題を忘れて、ごめん、写させて!って言ってばかりじゃ、成長はしないというのと同じです。やっぱりまずは自分で考えてみないとね。


▲PAGE TOP