twitter facebook お問い合せフォーム

ディズニーランドに初めていく人の不安 <就活の目的>  その2

番外編
2017-01-24

番外編

 就活のホントの目的は、“自分が志望する企業”に内定をもらうこと。そして会社サイドから言うと、本当に“自分の会社に入ってほしい”学生に内定を出すこと。・・・・これだけです。就活においては、これ以外には、何も考える必要なんてありません。   就活中には、実に様々な人がアドバイスをくれるし、本やネット等で、様々な情報(うんちく)が入ってきます。  ・就活用スーツ、小物のうんちく 
・髪型やメーク、外見のうんちく
・自己分析、企業分析のうんちく
・面接の心構えのうんちく
・面接の対応のうんちく
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・
   等々、挙げだしたら、キリがありませんね。こういった情報って、就活を終えた人や、社会人の先輩の立場からすると、就活という、全体から視た一つの要素として、アタマに整理されているからこそ、アドバイスできるのですが、就活初体験の学生にとっては、全体なんて視ることができないので、一つ一つを押さえるのに懸命になって、それらをリンクさせて、一つの事象としてはイメージするのは、難しいものです。   こういった、溢れんばかりの情報と、学校でレクチャーされる、就活作業の手順の“常識”。これらの要素が、先の見えない学生に、何をもたらすかといえば、   「タイムスケジュールがもたらす脅迫観念」   という、悪い影響です。つまり、就活で当然やるべきことを、学校で刷り込まれ、それに関連する情報が入ってくると、  「この時期までに自己分析終えて、次の企業研究は、年末までに終えなきゃ取り残される・・・」   「俺はもう、自己分析終わったよ!なになに?お前まだ終わってないのかよ?ヤバくない??」   なんて、自分で自分を焦らせ、友達の進捗に怯えること・・・これが脅迫観念です。就活というものを、学校の試験期間中の勉強の段取りや、旅行のスケジュールのように、この時期までにこれをやって、この時期までにあれをやって・・・と、知らないうちに期限を決めて考えてしまう。出来なければアウト!みたいなね。   以前書いたことがあるのですが、就活というのは本来、自分の将来の可能性を見出す、楽しくてワクワクするイベントなんです。ワクワクするイベントに、決まりきった手順なんてあるはずがない。ディズニーランドに行って、アトラクションに乗る順番を、主催者側に指定されたら、早く来た人が得をする、みたいな構図になります。強制的に順番指定があると、ハッキリ言って興ざめです。ディズニーランドは、自分なりに周る順番とか、テーマとかを決めて、自由に園内を動き回るから楽しいんです。就活も、実はこれに似ていますね。   ところで、就活とディズニーランドと、同じだと考えた場合、2つともに、人の価値観に係わりなく、絶対に決まっているものがあります。それって何でしょうか?それは、   入場する時は、入口を通って入り、帰るときは、出口を通って帰る。   ということです。あまりにも当たり前のことに聞こえますか?でも、これは重要なことです。   就活で、全ての学生が、最後に通らなければならないのは、冒頭に書いた、『“自分が志望する企業”に内定をもらうこと』です。これが出口。この出口だけは決まっています。でも、最終的に、出口で達するまでは、どこで何をやっていてもいいんです。閉園までの時間だったら、何時に出ても構わないしね。また再入場してもいい。就活でいうと、閉園は4月1日の入社日。極論すれば、来年の3月31日までは、活動していてもいいんです。   学校で、自己分析をしましょう!とか、企業分析をしましょう!とかって、盛んに煽られ、いつしかそれが、順番になっていく・・・自己分析は大切だし、企業研究も大切。でも、それって期限が決まっている訳でもなければ、手順が固まっている訳でもない。ましてや、決まりきった方法論がある訳もない。多くの学生は、常識に縛られ、踊らされ、そして知らないうちに、押し付けられているに過ぎません。   期限や手順、そして方法論が決まっている、なんていうのは、全ては、自分で勝手に思い込んでいるに過ぎないまやかしです。   就活では、必ずやるべきことって確かにあります。でもどうやるか?は、個人の自由だし、そこに束縛なんてないんです。4年生の皆さんは、今この時期に、自己分析をやっていてもいいし、企業分析をやっていてもいい。1年前に比べたら、実際に企業に触れてきた分、より精度の高い分析ができると思いますよ。   就活に共通するのは、入口と出口だけ。その間は、何をどうやっても自由なんです。自分の進め方には、絶対の自信を持ってほしいと思います。人は人。参考にはなるけど、自分には直接関係ない。友達の進め方と、自分の進め方が違ってもいいんです。だって、好みも嗜好も違うんだから。僕なんて、ディズニーランドに行くと、必ず最初に、「イッツ・ア・スモールワールド」に行きたいって思うんですが、これって希少価値でしょ(笑)?   だから、変な常識に囚われず、自由にイキイキと、そして楽しくワクワク感を持って、取り組んでほしいですね。   ところで、就活で絶対に決まっている、もう一つの要件である、入口っていうのは・・・   ・・・何でしょうか??


   

▲PAGE TOP