twitter facebook お問い合せフォーム

「素」の大切さ

面接
2014-07-24

面接

 そもそも、面接なんていう行為は、日常の延長線上にあります。僕に言わせれば、過去に経験したであろう、運動会でかけっこをしたり、地区のスポーツの大会で選手として出場したり、弁論大会の代表になったり、文化祭で催す演劇のメンバーになって舞台に上がったり・・・とかっていうほうが、よっぽど非日常だと思いますね。


 面接での会話というのは、学生の皆さんが今まで当たり前に体験してきた出会いや飲み会などでの会話と原理は全く一緒。決して非日常ではありません。勝手に自分で難しいと思い込まないことが、就活を楽しく前向きに、そして充実して行う第一歩です。


「なんで、内定までに何回も集団面接とか、GDとか、個人面接とか、あるんだろう?面倒くさいし、先は長いし・・・。2回くらいで決めてくれりゃいいのになあ。何回も話をしたって、話すネタも同じような感じになるから、意味ないと思うんだけど。」


 なんて言うことを考えたことありませんか?学生の立場で考えるとこれは当然です。せっかく1回目の選考を通過しても、内定までの道のりが長いとイヤになってくるでしょう。


 でも、会社の立場からすると、何回でもやりたいんです。学生が会社に入社すると、毎日出社することになります。ということは、会社の人間と毎日顔を合わせて仕事をすることになる。そうするとイヤでも素の自分と言うものが出てくるようになります。


 会社が面接で一番確認したいのは、この「素」の部分なんです。特に新卒の場合はね。


 学生はよく、「なんで自己PRをしつこく何度も聞いてくるんだろう・・・?この前の面接でも聞かれたんだけど。」ということに疑問を持つことがありますよね。なんでしつこく聞いてくるんでしょうね?
 これこそ「素」の部分の確認です。


 同じ自己PRの質問であっても、学生の回答を何度か聞いているうちに、「素」が見えてくるようになります。最初のうちは、緊張でガチガチになって丸暗記してきた自己PRだったものが、少しずつ感情がこもって来るようになってきます。この感情部分を知りたい訳です。面接官が視たいのは「素」なんだから。


 だから「今日の面接では、エントリーシートに書いた自己PRや、この前の面接で聞かれた自己PRと内容を変えた方がいいんじゃないだろうか?同じこと繰り返すと評価が下がるんじゃ・・・?」なんてことは間違っても考えないようにして下さい。話すネタは同じでいいんです。むしろ同じ方がいい。話すネタは同じでも、話し方や感情のこめ方などから、その後の質問は絶対に過去の面接とは違う方向に進むはずです。人と人との会話なんてそういうもんだから。


 面接は等身大で、というのは、いかに自分の「素」が出せるか?に係っているとも言えますね。


 緊張して言うべきことを丸暗記したり、小手先のテクニックに走っている学生から、いかにこの「素」の部分を見出すか?というのも面接官の重要な仕事です。だから最初にしつこく自己PRを聞かれても、同じこと繰り返して回答していればいいんです。そっから先の質疑応答こそが、本当の会話になっていくんだから。


 かなり前ですが、「面接官は人のいうことを聞かない」  という記事を書きました。まさに面接官は人の話を聞いていません。最初の自己PRを皮切りに、どうやって学生の「素」を見出すか?ということだけに集中しているんだから。

▲PAGE TOP