twitter facebook お問い合せフォーム

利害関係のない出会いを増やす。

恋愛ウンチク
2012-11-28

 僕は学生のころ、大学が肌に馴染まなかったので、ほとんど行ってないんだけど、大学1年から2年にかけて取らなくてはいけない、一般教養の科目に出席するのが苦痛でした。

 僕は農学部だったし、例えば文化人類とか、経済とか、美術とか、心理とかって、当時は全く興味がなく、代返や過去問コピーでやり過ごしたものです。

 でも今振り返ると、経済や心理なんて、本当に勉強しておけば良かったなあ・・・と後悔することしきり。まさに後悔先に立たず、ってヤツです。

 やっぱりね、人生に無駄なモノはないんですよね。だからこの瞬間に出来ること、得られること、触れられることには、好奇心持って取り組むことが大事。それが必ず将来に活きてきます。

 これって、人との出会いにも言えると思うんです。僕のこれまでを振り返ると、どうも新しい出会いって、最初は利害関係のない人物との出会いから得たものが、必ず将来の自分の仕事やプライベートに活きてくるように感じます。

 最初から名刺交換して会って話すような、仕事の利害関係がある出会いは、そこから広がらないことも多いです。やっぱり最初は何も期待せず、商売っ気なく、自分を売り込むもせず、出会ったほうが、逆にそこから広がっていくケースが多い。

 恋人探しも一緒で、最初から異性を探して、期待して、自分の売り込みを考えていれば、イロメガネかけて人を視ることになるので、好みじゃないと思うと、刺激を受ける前に、切り捨てることにつながる。本当はそこから広がっていくネットワークや、将来プラスになって自分のために活きる情報もあるのにね。

 恋人探しでは、出会いを否定してはいけないけど、最初の出会いは利害関係抜きで、いろいろな場に顔を出してみるという姿勢が大事かなと思います。
 


▲PAGE TOP