twitter facebook お問い合せフォーム

シリーズ 2  「業界研究のツボ」  労務環境編

業界研究(労務環境編)
2018-10-07

業界研究(労務環境編)

 今は、インターネット全盛の時代。就活だってご多分に漏れず、リクナビをはじめ、どこかのサイトに登録をしないと、情報が入手できないようになっています。ただ情報に踊らされるという弊害もあるんだけど。
 企業の情報だって、HPを見れば簡単にイメージできるようになっています。これは本当に今の時代に就活できる学生の特権です。家や学校にいながらにして企業に触れることができるんだから。
 さて、そういった企業のHPやリクナビ等々に掲載されている企業の情報には、当然ながら、当社の採用スペックにハマる新卒を採用したい!という狙いで構成されています。企業の売りや他者とは違う点、そして扱っている商品やサービスがいかに優れているか?・・・こういうことを前面に押し出して、学生の目に留まるように仕掛けているんです。
 これは会社説明会でも同じ。業界によっては、そして会社の知名度や規模によっては、学生を説明会に集めることに相当の苦心をしている会社がたくさんあります。そんな状況下で、参加してくれた学生の心を何とか掴もうと、色んな工夫を凝らして、時には社長自ら演台に立って熱弁をふるい、会社に興味を持ってもらおうと努めます。
 就活中の皆さんが集まったとき、就活の経過について色々情報交換したり、就活を終えた先輩に話を聞いたりして、不安を解消しようとすることもあるでしょう。これは大いにやった方がいいんですが、そういった情報は、実は企業の表面上の情報。つまり消費者目線で見えている部分の話。
 これは就活を終えた先輩の話も残念ながら同じレベル。もちろん就活を実際に体験しているので、その心境や実際の進め方等々を聞くのは有意義です。でもあの会社はこうだった、とかああだったとかっていう情報は、ハッキリ言って全くピントはずれが多いもの。だってまだ先輩だって働いてない訳だしね。
 前にもどこかで書きましたが、就活の際、受ける会社の業界、売上や利益、規模なんかを調べることは非常に重要です。でも入社してしまえば、そこには現実の生活の日々。だから会社の働く環境、つまり内部管理体制の実態を調べることも本当に重要です。
 HPの採用情報やネット掲載の採用情報で、仰々しくなく淡々と書かれていますが、あなどれないのが、企業の持つ諸条件、つまり給与や福利厚生、休暇制度などです。この辺の見方と考え方については、かなり前になりますが、「企業研究シリーズ」 の16から19に詳しく書いたので興味があれば読んでみてください。
 それともう一つ、内部管理体制で重要なのが、採用スペックに表れてこない勤務実態です。つまり、休暇の取得率はどうなのか?とか残業は厳しいのか?とか、転勤とか多いのか?なんていうことです。この辺の実態が把握できないから、就活に不安を覚える・・・なんていうこともあるでしょうね。
 これは、僕が常日頃からしつこく主張している、本音ベースのぶっちゃけベースの「働く動機」 をシッカリと言葉に落とし込んでいれば、不安を感じなくてもいいことなんです。そこをナアナアにするから、入社後に、「こんなはずじゃなかった・・・」って悩むことになるんだから。
 ただ、入ってから後悔しても遅すぎる!とかっていうアドバイスを聞くこともあると思いますが、僕は、この見解はちょっと本質とずれていると考えています。こんなこれはダメ!とかいう風な抽象的な根性論がはびこるから、学生が企業選定に必要以上に怯えてしまうのだとも思ってます。こんなアドバイスは無視してもいいくらい。
 確かに入社後に後悔すると、就活で使った貴重な時間がムダになったように思うでしょう。もっとシッカリやっとけばよかった・・・とも考えるかもしれない。でもどんなに後悔しても、それって寄り道ではありません。これから仕事の適性を見出していく皆さんはどんな仕事だってハマる可能性があるから。
 それと、なんで僕が決して寄り道なんかあり得ないって断言できるか?と言うと、僕は新卒で入社した会社には26歳になる年に入社したからです。僕は一浪院卒だからね。そうすると僕の同期は、大卒ならば3歳下、短大卒だと5歳下って感じです。高卒もいたんで、その子たちとは8歳違いました。彼らが小学校に入学して新しいランドセル背負ってた頃、僕は中2(笑)。
 大学生の皆さんの場合、縁あって新卒で入社した会社で、不幸にして後悔した場合、そこで例えば3年頑張って、やっぱり自分には合わなかった・・・って結論を得たとしても、その時点でようやく僕が新卒入社した年齢に並びます。僕はそこから社会人生活をはじめた訳です。でもそこそこ仕事が出来るようになりました。僕から見れば、今大学生の皆さんがうらやましいです。いくら模索してもがいても、僕の社会人スタートより3年も猶予があるんだからね。僕はこの実体験があるからこそ、寄り道はあり得ないって言い切れるんです。
 だから安心して後悔してください・・・って本当は言いたいところなんですが、まあできれば後悔しないほうがいいに決まっています。ということで、これから業界別に、その業界が持つ働く環境の実態を色々視ていくことにしましょう。業界の切り分けは、やはりこれも「企業研究シリーズ6」 で書いた、マトリックスにより区分でできるだけいきたいと思っています。
 まずは製造業から斬り込んでいくことにしますね。

▲PAGE TOP