twitter facebook お問い合せフォーム

「必然」・「運命」の因数分解。

自信とキッカケ!
2018-09-01

自信とキッカケ!

この世には、非常に多くの人が住んでいます。でも、自分が一生で出会える人は、そのうちのホンの一部です。
 例えば高校、例えば大学、例えば会社。この世には学校も会社もたくさんの数が存在しますが、そのうち、その学校もしくは会社を選んで入社しても、それは自分からしたら、「たまたま」です。
 一方で、自分が「たまたま」入った学校や会社で、「たまたま」出会った人たちだって、その学校もしくは会社に入ったのは「たまたま」です。
 でも僕は、自分の「たまたま」と相手の「たまたま」が合わさったら、それが「必然」とか「運命」に変わるんだ、と考えています。
「たまたま」+「たまたま」=「必然・運命」 ってこと。
 「たまたま」は単体ですが、単体が合わさった「必然」や「運命」は多面体。いろんな面があります。
 何度か過去の記事で書いてるんだけど、人間の性格や強みって、ただ1つだけの要素ではなく、いろんな要素が絡み合って構成されます。言ってみれば、サイコロのようなものです。落ち込んだり、悩んだり、失恋して凹んだりしている人に限って、自分には1の面しかないんだ、と視野が非常に狭くなっています。私はなんで1ばかりなのかなあ・・・周りの人は5とか6なのに・・・って思ってため息ついてる。
 でも人間なんて、誰だって多面体なんだから、みんな1の面もあるんですよね。でも同時に、2も3も4も5も6も持ってる。それは誰だって一緒。
 1しか視界に入っていない人にとって、自分は多面体なのか?そこに1以外の面があるのか?ってことに気付くには、他人の目が必要です。だからより多くの「たまたま」に触れないといけないってわけ。
 もともと持っている面に気付くんだから、それは変わるってことじゃないの。ポテンシャルを正しく発見したってことですね。まだまだ、人生には多くの「たまたま」があるから、悲観的にならないでくださいね。

▲PAGE TOP