twitter facebook お問い合せフォーム

シリーズ 9  「就活と新社会人のハザマ」 一年目の過ごし方

就活悩み(内定後)
2017-09-04

就活悩み(内定後)

僕が新卒で入社した会社の社長が、僕ら新入社員に対し、入社研修時にお話された言葉は、     「入社1年目は、先輩や上司の言うことは、原則全て是として受け止めなさい。たとえ、それが明らかに理不尽なことであっても、です」        さらには、       「理不尽なことを言う先輩や上司は、将来仕事で見返してやればいいんだから」        というものでした。当時の僕は、この言葉を励みに1年を過ごした感がありますね。        これは一見すると、新入社員には発言権も決定権もないんだから、上の言うことをただ聞いてりゃいいんだ!・・・なんていう、軍国主義的な含みを持っているように見えるし、当の新入社員には、受け入れることが出来にくいかもしれません。        でも社会人歴20年経った今の僕が思うに、この言葉は真理だし、核心をついているとさえ思います。入社一年目の皆さんが、全てこの言葉通りを実践すれば、安易な離職や、ニート・フリーター問題も大きく改善されると個人的には思っています。        入社一年目というのは、全ては初体験のことばかりです。コピー取りのような庶務でさえ同様。初体験ということは、自分の中に比較する対象がないということ。ということは、反論する余地はないという理屈になるんです。        無謀な理屈に見えますが、でも会社の仕事の本質っていうのは、入社一年目の人間には絶対にわかりっこないんです。先輩や上司の意見に反論するのは、仕事を大局的に見れるようにならないと本当はムリです。大局的というのは、総じて以下のようなことです。       ○自分が担当している業務が、会社においてどういう役回りを担っているのか?を理解する。   ○自分が配属されている部署(あるいは営業拠点)が、会社においてどういう位置づけなのか?を理解する。 ○自分の勤務している会社が、どういう営業戦略を持っているのか?またそれが、社会においてどんな意義があるのか?を理解する。      会社というのは、営利団体です。つまり利益を出していかなければならない、要は儲けなければならないということです。儲けるために、社員が存在する訳で、その意味では大学を卒業したばかりの入社一年目の皆さんも同様。・・・実はこれって、言葉にするとスッと頭に入ってきますが、実践レベルでは結構難しい話で、とても入社一年目の人間が理解できる代物ではないんです。だからここでは詳しく触れません。        ちなみに、僕は部下には入社時から教えますけどね。ここを早く理解できれば、仕事が楽しくなるし、悪い意味の会社人間になることがなくなるから。興味ある方は個別にコメントかメールいただければ対応します。        仕事を大局的に見ることができるようになるために、入社一年目の皆さんが取り組まなければならないことってなんでしょう?それは、       「今担当している業務をしっかり完璧に覚えて、キチンとこなせるようになること」        です。例えばファーストフードの接客の仕事で、一番仕事が出来る人って、どういう人だか知ってますか?それは、「マニュアルを完璧に把握して、その上で自分のカラーを出せる人」なんです。接客をする以上は、お店のマニュアルを覚えることって不可欠です。まずはこれをキチンと覚えて最初は棒読みになっても、そのとおりしゃべることから始まります。その経験をベースに自分のカラーを乗せていくことができれば、その人はキラキラ輝いて見えます。        反対に、自分はそんなマニュアル覚えなくても接客は得意だから、なんて言って、マニュアルを中途半端にしてしまうと、結局は仕事も中途半端に終わります。周りからもスゴイと思われることは絶対にありませんね。        これって、どんな業界でも、どんな職種でも同じことです。まずは自分の担当業務を先輩や上司の指示を仰ぎながら、また時には怒られながら覚えていく。理不尽だなあとか、ムカつく言い方だなあと、内心思ってもハイハイと聞く。そうして覚えた後に、「これってこうすれば、もっとスムーズに終わるなあ」とか「これって、ちょっとアレンジすれば、お客さんに喜ばれるんじゃないかなあ?」とかっていうカラーを加えていけばいいんだから。        本シリーズ6で書いた②に見解は以上になります。人間関係のトラブルはどこに行ってもついて回ります。でも入社一年目のスタンスとしては、仕事を教わっている以上、原則全て受け入れるという考えで過ごしてほしいって思いますね。        こう考えると、あと数ヶ月で卒業を迎える4年生の皆さんは、入社後どうなるんだろう・・・?なんて悩む必要はないということになりますね。どんな人と巡り合うのかは判らないんだし、どんな人と一緒になっても、最初は向こうの言うことを聞けばいいんだから。        会社に入った後の悩みなんて、入ってから考えればいいこと。今はそんなことは考えず、学生のうちに出来ることは何だろうか?っていう類のことで悩みましょう。       つづく。      

▲PAGE TOP