twitter facebook お問い合せフォーム

シリーズ 23  「採用スペックをぶっ飛ばせ!」 扇の要の自分!

採用スペック
2018-01-31

採用スペック

 就活を始めてから数ヶ月。時期的には、今がちょうど疲労が溜まる時期です。不安と戦いながら、自分の進むべき路は何なのか?を模索しつつ、エントリーシートを書いて出したり、面接に臨んだりとしてきたはずですが、そろそろ結果が出揃ってきています。


 その結果がイマイチ芳しくないと、悲しくなるでしょうし、周りの仲間の進捗を聞くとイヤになるし、これからの梅雨時期や夏の暑い時期を思うと、憂鬱になるでしょう。その気持ちは痛いほど判ります。


 でもまだまだ始まったばかり。求人企業はこれからもたくさんあります。焦って決めて、入社後に苦労するより、ここはじっくり構えたほうが良い場合もあります。


 どうせ入社は来年の4月なんだから。


 ここまでイマイチ上手くいってない人というのは、自分が何に向いているのか?とか、志望動機がどうだとか、そんな難しいことや余計なことを一切考えず、自己PRをどうするか?だけに絞って考えてください。


 実は就活でやるべきことって、突き詰めれば自己分析と自己PRだけです。それを固めてしまったら、後はどこの企業でも、判を押したように、同じことをアピールすればいいんです。


 つまり自分を扇の要にして、企業を視ていくということ。


 企業ごとに自分を合わせていかなくてもいいんです。それをするから難しく感じてしまう。


 自分が扇の要にいて、企業を視ていけば、企業の方が、ウチの会社にふさわしい人材だ!と勝手に判断してくれます。変に企業に気に入られようと寄っていくと、面接で言うことが中途半端になってしまい、結果も芳しくない、という流れになる。


 やりたいことは社会に出てからじゃないと判らないし、本当の志望動機は会社に入ってからじゃないと判らない。だったら、自分のやれること、その会社にハマるかどうか?を、面接官に判断してもらった方がよっぽど理にかなっているし、第一、楽ですよね。


 繰り返しますが、まだまだ就活は始まったばかり。入社は来年の4月。どうか余計なことは考えず、自己分析をもう一度やってみましょうね。


▲PAGE TOP