twitter facebook お問い合せフォーム

「短所は原石!キーワード探しはボケとツッコミの法則」 他人基準と自分基準2

自己PRのキーワード
2018-03-04

自己PRのキーワード

 前回書いたように、人間の行動には心の内と外の世界が深く関与しています。そして、心の内と外、これが短所と長所なんですよね。
 僕の短所はAさんには絶対に判らないんです。Aさんには視えてないから。僕だって、短所というか、邪心部分を丸出しで行動したら、さすがにAさんには嫌われ、ひょっとしたら訴えられてしまうかもしれません。だから短所は短所として自分の行動のエネルギーとして、それを踏まえて、それがわからないように実際の行動に出る。Aさんに視えるのは実際の僕の行動の方です。
 このように人間関係っていうのは、基本、外の行動を共有して成り立っています。これは学生も社会人も、大学もバイトも会社もみんな一緒です。
 実は、この話は、数年前に、女子大生Aさんに対して、実際に送ったメールをブログ用にアレンジして掲載しています。自己PRを考える際、どうしても自分の短所の存在が気になってしまい、上手にアピールできないとのことだったんです。彼女ももう来年で社会人3年目です。
 ここまで書いた内容で明らかなように、yansonoの内の世界のことはAさんには、そして外には伝わらないものです。だから自己分析を行う際には、心の外側視点で行っていく必要があるし、自信を持って自己PRを作成するためには、短所を踏まえた上で、他人基準で作成していく必要があるんです。
 Aさんは、自分の短所が自己PR作成の邪魔をする、と悩んでいました。じゃあ自分で認識している短所を挙げてみてっていうと・・・
・人に流されやすい ・典型的なNOとは言えない日本人 ・八方美人 ・中途半端(長く続けるものがない) ・おっちょこちょい ・横着 ・集中力がない ・自分の関心がないことには動かない ・動くまでが遅い ・中途半端な負けず嫌い諦めが早い ・意志が弱い ・熱中するまで一生懸命やるとゆうことがない
 ・・・というものが挙がってきました。まあよくもここまで思いついたもんだわ(笑)。これはこれで立派ですよね。ここまで自分のことを過小評価できるのは、ある意味素晴らしい(笑)。
 Aさんがここに挙げたのは、Aさんの心の内の世界から拾い上げたものです。「長所と短所は表裏一体」という真理から考えれば、「心の内と外は表裏一体」ということになり、Aさんが挙げた短所を、他人基準で考えていけば、立派な長所に変貌していきます。しかも全て自分の行動に基づくものなので、嘘っぱちじゃありません。自己PRにハッタリは大切なんですけど、嘘っぱちは良くないので。
 自分の評価は自分で決めるものじゃなく、他人がしてくれるものです。ですので、短所を他人基準で考えてみましょう。

▲PAGE TOP