twitter facebook お問い合せフォーム

シリーズ 2  「やりたいことが見えない人へ」 就活はピース探しのキッカケ

やりたいことの探し方
2018-08-01

やりたいことの探し方

就活をやっていて、将来自分が何をやったらいいのか判らない・・・って悩みを抱えたことはありませんか?
 こんな中途半端な気持ちではシッカリした大人になれないんじゃないか・・・?っていう悩みも連鎖反応で発生するかもしれません。
 でも大丈夫。シッカリした大人にはなれます。保証します。生経験20数年の今ってね、将来のことを考えるにはあまりにも経験不足で、判断するピースが足りないんですよね。だからどんなに頑張ってもパズルは完成しないんです。完成しなきゃ描かれている絵も判らない。ピースを埋めることは大切だって判っているんだけど、今は埋めようがない。だから不安になるんです。
 この話は、以前「人生のピース」 という記事で書いたことがあるんだけどね。
 シッカリした大人っていうのは、人によって価値基準が違うけど、少なくとも新卒や第二新卒のような若い世代の人の場合は、これから社会に出て、自分なりにピースを探して埋めていく作業を行っていくことになります。そうしたら、いつの日か何らかの絵が出来上がります。埋めるべきピースは、一つじゃなく同じ場所にハマるピースは、この世にたくさんあります。学校の試験と違って、どのピースを選択しても全て正解。
 その絵は、他人より劣って見えるかもしれない。他人はもっとスゴイ絵を描いているように見えるかもしれない。他人が描いた絵の方に、人が群がって賑やかかもしれない。
 でもそんなことはどうでもいい話。そんなことよりも、自分自身が試行錯誤しながら自分でピースを探して、それを埋めてパズルを完成に近づけ、何らかの絵を描いたって事の方がよっぽど重要です。
 社会人になるというのは、このピースを探す旅に出ることなんです。学生時代には自分の周りにピースは全て存在しないから絶対に見つからない。だから不安が先行するんです。
 でも、これって健全な不安で、人間というのは、先天的に自己防衛の本能が働くので、先の見えない将来のことを考えていくと、必ず劣勢な結論に行き着くものなんです。悪い結論をイメージしておく方が、気持ち的には楽だからね。
 ということで、今抱いている悩みは至って健全。シッカリした大人になれるか?って悩んでる今の状態こそ普通の状態ということです。
 ピースを拾うには、とにかく社会に出ないといけません。どんな仕事でもいいから、とにかく社会に出ること。やりたいことは社会に出れば見えてきます。憧れの企業に入社できなくても見えてきます。仕事って色々なジャンルがあるように見えて、実は根っこでは複雑に絡み合っています。だから目標を持っていれば、必ず一つの方向に向かいます。目標を見つけるのも、社会に出てからで十分。今の時点では解決できないことはたくさんあるんだ、ということを理解してくださいね。先延ばしも時には正しい選択ですので。
 まずは、シリーズを始める前に、大前提として以上のことを認識してほしいと思います。

▲PAGE TOP