twitter facebook お問い合せフォーム

シリーズ 20  「やりたいことが見えない人へ」 自由と責任そしてルール

やりたいことの探し方
2018-08-22

やりたいことの探し方

資格の他に必要な知識として、
 『法律法令・会社の規程、業界の規制などの理解』
というものがあります。なんか見るからに難しそうな単語が並んでますね。
 文字で書くと難しそうに見えますが、要はその仕事をする上でのルールやモラルを理解するということ。学生時代にはあまり意識することはないのですが、社会人になると、法律や法令を知っているのと知らないのとでは、仕事の理解度に差が生じます。特に20代後半から30代になって以降、この差がグングン開いてくる。
 法律法令のほかにも、その会社には独自の規則や決まりがあります。学校で言えば校則みたいなもんですね。そして業界独自の協定など、実は仕事を行う上で、守らなければいけない事項が、社会にはたくさんあるんです。
 これを法令遵守などと言ったりしますが、昨今、何らかの不祥事を起こして、社会に糾弾される企業は後を絶ちませんが、これなんかは、こういったルールやモラルから逸脱しているからこその結果です。
 皆さんだって、飲酒運転をしたり、万引きをしたりすれば、刑罰を食らいますよね。それを全く一緒。
 とかく自由競争という言葉だけ先走ることが多いですが、社会における自由というのは、法律や規則、ルールやモラルを守った上でのもの。自分勝手に出来るという意味では決してなく、当たり前ですが、そこには責任も伴います。
 入社間もない時期に仕事をするときは、あまりこういった法律や規則を意識することはないと思います。先輩や上司に言われた、目先の仕事をこなすことで精一杯だからね。その仕事のやり方が合ってるとか間違ってるとか、そういう判断が出来ないのが修行時代です。
 でもどんな仕事であっても、必ず法律や規則はついてまわります。最初は良いとしても、仕事の中に自分の判断が入れることができるようになってくると、法律や規則を理解していなければ、社会は自分勝手な行動であるとみなして、評価してはくれないんです。
 そしてもっとも重要なのは、法律や規則を理解しないと、いつまで経っても「自分のやりたいこと」に到達できないということなんですよね。ただ、上からの指示を待って、「自分でもできること」を行ってばかりの、その会社でしか通用しない人間に納まってしまいます。
 そうなると、世間を見渡すことが出来ずに、自分の本当のスキルにつながってきません。
 まあこの辺は、働いたことがない学生にはなかなか理解できない内容だとは思うんだけど、とりあえず、仕事をするからには、それにまつわる法律やルールを学ぶことが重要なんだ!ということを覚えておいてください。
 仮に社会人になって以降に、転職することになった際に、自分の仕事の実績は当然のこと、その仕事を行う上で、どういうことを学んで幅を広げたのか?今の会社ではなぜそれ以上に幅が広がらないと感じたのか?・・・なんてことが判っていないと、転職も単なる現実逃避になってしまいますからね。自分を売り込むとはそういうことを言います。
 ・・・なんて、転職の話はまだ早いかな(笑)?
つづきます。

▲PAGE TOP