twitter facebook お問い合せフォーム

サークル立ち上げやアルバイトリーダーなどの自己PRに潜む盲点  後編

面接
2019-04-10

面接

「サークルを新規に立ち上げた!」
「アルバイトに積極的に取り組んでリーダーになった!」

この経験から、本当の自己PRにしていくには、どうすればいいでしょうか。
自分の強みというのは、谷如り優れていることではなく、自分が普段、当たり前にこなしていることの中に含まれています。人間は、自分にとって当たり前のことは、すごいという自覚ができないものです。でも、それが社会で生きていく自分だけの武器になることが多いんですね。
サークルを立ち上げればトップになります。アルバイトでリーダーになれば、後輩のバイト君たちを仕切るようになります。ということは、他人と関わりながら、何かを作り上げていくという構造になります。そして他人との関わりも、他人を自分が役割を決めて動かしていく立場に立つことになる。この構造を当たり前だと考えるか、絶妙なバランスの上に成り立っていると考えるかで、自分の見方も変わってきます。
単にサークルを立ち上げたり、アルバイトリーダーに任命されることは、実はそれほど重要なことではありません。少なくとも会社サイドの面接官は、そんなのは誰だってなれる、と判断することが多い。じゃあ、重要視してないのか?というと決してそうではなく、なったことよりもっと重要なのは、いかにサークルのトップであり続けたか?いかにアルバイトリーダーとしての仕事を全うしたか?という、「その立場をいかに維持していたのか?」ということに注目しているんです。これは仕事観にもつながる大事な要素ですね。
他人を巻き込んで動かしていくには、他人とのコミュニケーションが必要です。そしてそこで他人に対して、自分の想いや、こうやって動かしていきたい!という考えを共有していかないといけません。とはいえ、どんなに仲の良い仲間であっても、自分の想いや考えを100%共有することはできません。人間には邪心があるので、表面上はハイハイと聞いているフリをして、心では違うことを考えているものです。それが人間というものだから仕方ない。
そんな中、他人といかにしてコミュニケーションを取り、他人を動かしていったのか?そこには葛藤も不満もあったと思うんです。どうして奴らはわかってくれないんだ!とかって。他人に期待するのは良くないことをここで学ぶことができるはず。他人に期待しなければ、こちら側の想いを全て伝えることができるから。他人が自分の思い通り動くと思うのも思い上がり。いかに他人の期待外れの行動を受け入れることができたのか?も大事。
他人に過度な期待をしなければ、他人に対して不満を持つこともなくなるし、むしろ動いてくれてありがとう!って感謝の気持ちも素直に持つことができるし、感謝を素直に他人に伝えることが出来ます。他人は感謝されると、意気に感じて動いてくれるものです。それが他人に自分を認めさせる源泉になります。
より多くの他人が自分を認めてくれるからこそ、サークルのトップでいられるわけだし、アルバイトのリーダーとして仕事ができるというわけ。
この、「他人が自分を認めてくれるようになったこと」 つまり「トップやリーダーを維持できたこと」を、他人への感謝という視点で、過去の経験を見直すと、絶対に気づけなかった自分の良さが出てくるはずなんです。
そして他人に感謝してきた経験を多く持っている人は、入社後に先輩や上司の話や指示を素直に受け入れて聞ける、そして行動できるということにつながります。面接官の頭では、そんなイメージが膨らみます。
自己PRに悩む皆さんは、今見ている事象を別の角度から検証するという意識を持つようにしてみましょう。イマイチわからない場合は、僕がアドバイスしてあげるので、いつでもメッセください。

▲PAGE TOP