twitter facebook お問い合せフォーム

自分の思い通りに生きたい!!・・・の入口にあるもの。

就職
2017-02-26

就職

誰だって自分の思い通りに生きていきたい!!!・・・って願っているものです。特に若い頃はそう思います。自分の思い通りというのは、多くの場合、誰にも束縛されず自由に生きたい!ってこと。他人に頭を下げてまで、愛想笑いをしてまで、遜ってまで生きていきたくない!という価値観ですね。
こういう価値観の対極にある生き方が、サラリーマンなんですね。社会経験の乏しい学生にとって、いいイメージを持てないのが、サラリーマン。上司に気を使って、自分の主張を押し殺して、皆と同じスーツにネクタイをして過ごさないといけないことに本能的に嫌悪感を示す。
例えば高校生が、ツッパリで生きていければそれに越したことはないと思っています。大人から、そんなんじゃダメだって言われても、露骨に反抗します。だからそこは認めてやらないといけないし、そんな自分でも生きていける世界を教えてやればいい。そういう自分が認められる世界に自分を置けばいいんだから。例えばですが、ツッパリを売り物にする役者になれば、自分の素で飯が食えることになる。
自分の思い通りってことは、今の自分の感性そのもので生きられる世界ということ。それを見つけられれば人生の勝ち組であり幸せなことです。
でもその世界を見つけるためには、自分ひとりの力ではどうしようもありません。その世界をすでに知っている人に巡り合って、どうやったらそこに行けるかを示してもらわないといけない。
より多くの世界を知って、自分のハマる場所を見つけること。人脈の大切さなんですね。
人脈をつけるには、多くの人に巡り合わないといけない。そのためには他人に受け入れてもらって人間性を理解してもらわないといけない。他人に受け入れてもらうためには、必ず初対面の瞬間があります。その瞬間を相手に受け入れてもらわないといけない。
第一印象が大事だって言われる理由はそういうことなんです。自分の思い通りに生きられる世界を見つけるために、相手の目線に合わせて行動しないといけない。その基盤に来るのが、社会のルールであり常識ってヤツ。だから最初は敬語も必要だし、身なりも小奇麗にしておかないといけない。つっぱりで生きるために、最初はつっぱりを封印する。
これが社会で自分らしく生きるために必要な手順です。だから、自分は今の毎日で十分なんだという考えだけに閉じこもって、新しいことにチャレンジする勇気から逃げないこと。好奇心を常に意識して過ごせば、実は何気ない毎日にも多くの新しい出会いがあることに気づけます。
それが就活であり飲み会なんですね。面接も落とされるかもしれない。飲み会でも素敵な異性に振られるかもしれない。でもこういう席を毛嫌いしているようでは、世界が広がらないということなんです。まずは自分の思い通りを封印して、社会基準で接すること。それが結局は、器のデカイ素敵な大人になれる秘訣なんですよ。

▲PAGE TOP