twitter facebook お問い合せフォーム

愚痴は向上心・・・の意味。

自信とキッカケ!
2017-05-20

自信とキッカケ!

「愚痴は向上心」・・・僕のブログでは、よく使う言葉です。
どんな困難でもグッと堪えて、歯を食いしばって乗り越える!・・・と、そういう価値観が是とされることが現代社会では多いもので、もちろんそれはそれで僕も同感です。逃避ばかりで楽な方ばかり探す人生では、堕ちていくだけだから。
社会の仕組みは人間が作り上げたもので、逃避している人には路が開けないような造りになっているしね。
だけど僕のいう愚痴は、むやみやたらに吐き出して逃避する足がかりにすることが目的ではないんですよ。吐き出す相手を選び、自分の辛さ苦しさを理解して包み込んで応援してもらって、そこから未来につなげていく、ということが目的です。
サラリーマンのオジサンが会社や上司の愚痴を居酒屋で吐き出して、心をスッキリさせて明日の仕事に臨むのと一緒。愚痴を吐き出した次の日の仕事を中途半端に行ったり、上司に反抗してボイコットしたりするのは逃避ですが、明日も頑張るかーー!って思って仕事に励むなら、愚痴は立派な向上心になります。
だから心のモヤモヤを少しずつ言葉にしていくことが大事なんですよ。モヤモヤは本来、言葉にはできないものだし。できないからモヤモヤするわけだし。
なので、言葉にならない、支離滅裂な筋の通らない言葉に乗っけて、愚痴や泣き言として吐き出していくことで、モヤモヤが心から少しずつ抜けて、抜けた場所に新鮮な空気が外から入ってきます。
新鮮な空気は、すぐに心の内部のモヤモヤに取り込められて消えてしまうけど、だからといって、吐き出すことを諦めると立ち止まったまま。だからこそ、感情的になってもいいし、泣きながらでもいいから、ガアーーっと叫ぶことが大事。
新鮮な空気には色んな空気があります。愚痴や泣き言をできるだけ本音ベースで吐き出すと、吐き出した相手から、思わぬ言葉をプレゼントされることがある。「そうやって考えればいいのか・・・」とか、「なんかホッとする・・・」とかね。
そして今まで知らなかった知識や場所、出会いから新たな空気が入り込むこともあります。そうやって心の掃除をしていくんですね。
愚痴は向上心、要は心の掃除をしましょう!っていう意味なんですよ。

▲PAGE TOP