twitter facebook お問い合せフォーム

仕事も恋も大切なのです!

恋愛ウンチク
2017-01-02

恋愛ウンチク

現代に生きる人間として、仕事というのは切っても切り離せない代物です。仕事を通じて社会に関わり、そこで他人と関わって自分を磨いていく、そして自分の付加価値を上げていくことが、幸せに生きる王道だと思う。
付加価値が上がれば、自分の立っている場所が高くなり、出会う人種も広がっていきます。人間とは面白いもんで、仕事が充実して楽しいなって思えるようになると、人が引き寄せられてきます。しかも自分にとってメリットのある人がね。
日本は差別のないいい社会ですが、社会構造としてはランクというものが存在します。自分の価値が上がらないと絶対に出会えない人種はいます。分かりやすい例で言うと、学生時代には、一定規模の会社の成功している社長さんには会えないようなもんですね。一定規模の成功している社長に会うには、まずは自分自身が社会的に信用足り得る人間に進化しないといけません。それは仕事の実績と成果を他人が認め、他人に評価されないといけない。
そうやって人間は自分の価値を上げていくわけです。だから就活はたとえ落ちまくっても、いろんな社会の人と出会うチャンスだから、ガツガツ頑張ってほしいんです。
一方で恋愛。恋愛は他人と関わるという意味では社会と一緒ですが、ここは人間関係の特別版です。いわゆる癒しの関わりだから。自分をイイコイイコしてくれて、なにがあっても守ってくれる、そんな存在が恋人です。
社会で幸せをつかむのに、恋愛は大事ではないかもしれません。だけど恋愛というのは人間の、というより生き物の本能に近い行為です。だから自分に潤いとコクを出すために絶対に必要だと思います。恋愛を通じて、人を守ることを学び、人がどう考えているのか、それを受け止めて自分はどういう対処をしなければならないのか?という人間関係を維持する根本を学ぶことができ、それが仕事に活かせます。
残念ながら失恋しちゃっても、それは確かに挫折であり、大切な人を失うという悲しいことだけど、そこから自分をリカバーして復活していくというのは、ある意味で社会勉強。仕事で突然リストラに合ったり、クビになったりしたら、お金は入ってこず生活ができませんが、失恋は社会的な属する場所を失うわけではないからね。そういう意味では安心して悲しんで凹むことができ、そこから強い心を育めるチャンスでもあります。
仕事も恋愛も、自分自身に当てはめれば、思考と行動は変わらないんだから、どっちで学んだこともどっちかに活かせるということ。そういう意味ではどっちも大事ですね。

▲PAGE TOP