twitter facebook お問い合せフォーム

クリスマスを独りで過ごす人へ。

恋愛ウンチク
2013-12-25

恋愛ウンチク

クリスマスイブは、ラブラブの恋人同士であれば、どうやって過ごそうかとドキドキワクワクする一日ですけど、独り身の人には、結構切なくも苦しい一日になります。
バースデー、バレンタインデー、ホワイトデー、個別のメモリアルデーなど、いろんなイベントがあるけれど、クリスマスイブは、特に切ない。寒いし年末押し迫ってるってこともあるけど、なんかいかにも恋人の日って感じがするもんね。
そういうイベントやメモリアルデーは、心の表面がむき出しになって敏感になっています。だからあまり刺激を受けない方が良いわけです。刺激は、目から入ってくる情報と耳に入ってくる情報がありますが、景色だけじゃなく文字を読むことだって心の表面を直撃します。意外と文字の刺激はストレートに心に届くもの。
結果的にクリスマスイブを独りで過ごさないといけない人へ。クリスマスイブは心の表面がむき出しになっているんだから、できるだけ新たな刺激を入れないことが大事です。人間は過去の記憶や余韻に心を乱されるものです。だから、何も刺激を入れなくたって、心が晴れることはない。だってクリスマスイブは、恋人がいれば楽しいって知ってるから。そこを消し去ることはできません。
だから、せめて目や耳から新たな刺激を入れないこと。外出せずに、他人とメールはしないこと。家で1人でできるだけ普段どおりの食事を取ること。お酒も1人で飲みましょう。そして酔ったらすぐに寝ること。但し、無理して飲むのは逆効果なので、そういう危険に陥るかも・・・と不安な人は、飲める量のお酒しか買わないこと。
・・・実はこれは、僕の過去のクリスマスイブの過ごし方でもあります(笑)。いろいろ試したけど、結局、1人で家にいるのが、最小限の寂しさで終わったような気がします。
リアルな友達に連絡取る場合は、確実に独りで過ごしていることが明らかだと確信できる人にしかしないこと。1%でも不安要素があれば、連絡しないほうがいいです。
逆にネットの世界で独りで過ごしている人の発信を見て、自分一人じゃないんだ・・・という安心感を得るのは意外と良いです。こういう刺激は心の表面にコートをかけてくれる役割を与えます。但し、突っ走って暴走しちゃダメよ。心が寒いときには、人の温かい言葉が必要以上に染みるものです。それを恋愛感情と勘違いしてしまうこともある。いい人であれば結果的に構わないんだけど、相性的に全く合わない人だと、後々辛い思いをするからね。
普段、僕は、できるだけアンテナを張って、いろんな価値観に出会いましょう、刺激を受けましょう、といっていますが、それはあくまで平常モードの時だけです。心が敏感になって寒がっている時は、家でゆっくりお風呂にでも入るのが一番です。体の表面を温かいお湯で包むと、それは子供の頃に親に抱っこされて、幸せだった気分が無意識に心を覆って、辛さ切なさが緩和されるものです。
来年こそは、スタートライン!!スタートラインに立つためには、立ち上がらないでいい時は、決して無理せず目と耳を覆って過ごす事が大事です。今の寂しさが、スタートラインに導く手すりになって、未来の魅力へとつながっているからね。

▲PAGE TOP