twitter facebook お問い合せフォーム

あなたにとって仕事は何ですか?って聞かれたら・・・?

面接
2014-06-10

面接

就活をやっていると、「あなたにとって、仕事とはなんですか?」という質問がエントリーシートなどで聞かれることがよくあります。必ずどこかで一度は聞かれますね。抽象的過ぎて悩みますよねえ。
 この場合、お金をもらうこと、みたいな回答も、まあもちろん間違いではないですよ。仕事とは生活です。生活にはお金が必要。だから「お金をもらう事」っていうのも、答えの1つですよね。
 でもね、それは入口なんです。入った後、どのように意識が変わるか?っていう点をイメージしてほしいと思います。
 例えばアルバイトを探すときに、最初はいろんな条件を検討しますよね?家から近い方がいいとか、勤務は週3から4くらいがいいとか、若い子がたくさんいそうな仕事がいいとか、時給は最低1,000円がいいとか。
 これはまだ、その仕事をやってないから、自分主体の思惑です。この思惑に、お金という時給も入ってきます。
 でもいざ働き出して数ヶ月すると、なんか時給とか関係なく、仕事に対する使命感や意気に感じて行動することってあるじゃないですか。例えば、飲食店のバイトで、本当はこの日は入る必要ないのに、忙しいからシフト変えてあげるとか。
 これって、自分の存在価値がバイト先にあって、周囲も期待してくれる、認めてくれるっていう雰囲気があるから出来ることでしょ?その時には、状況判断もできるし、後輩のバイトも動かせるようになってる。仕事の進め方で社員さんに提案できる。率先して雑務をこなす。
 仕事とは?っていう答えの1つに、こういった「自分の存在価値をあげることで充実感を得たい、そして更に向上したい」という点もあります。
 存在価値があがれば、使命感も責任感も出ますよね。もっと専門的な仕事を覚えて向上したい!って思いますよね。そして仕事の一部を任してほしいと思うこともあるでしょう。場合によっては、自分スタイルに改革することもあるかもしれない。そして社会における自分の存在価値が上がってくるかもしれない。これには、肩書きをもらわないとできない仕事もあります。
 自分の存在価値をあげていき、役職が上がるには、フリーターではできないんです。社員じゃないと役職はあがらない。人を動かして仕事の成果を出す訳だから。
 お金をもらう事だけだったら、フリーターでもできます。それは入口だからね。でも社員として働く以上は、会社の利益を作る立場にならないといけないんです。
 単なる与えられた仕事を淡々とこなすだけでは、社員になる意味はあまりない。自分の想いを実現できる人間になることが、僕は仕事の醍醐味だと思ってます。

▲PAGE TOP