twitter facebook お問い合せフォーム

なるほど!そういう発想がすごい!・・・って話。

休題
2017-05-03

僕の知り合いのその女性は20代中盤で高校中退。学歴としては中卒でした。
20歳前後で当時付き合っていた彼氏が派遣社員でやっていた新規開拓営業の仕事を、私もやると言って全くの初心者だったにも関わらず、あっさり営業成績で彼氏を超えてしまったそう。
23歳の頃は、当時通っていた場末のスナックのママに、この店でアルバイトやってみない?と言われ、まあ楽しいからいいか!と承諾。数ヶ月後、ママが失踪してしまい、その女性だけ残されることに。
でもやるからには言い訳したくない!と閉めるまでの間、ずっと黒字だったそうです。もちろん営業努力(枕営業とかではなく、競合対策とかね)もフットワーク軽くしたみたいで、周囲の店からは可愛がられてたみたい。

さて、そんな経歴を持つ女性が、美容関連でビジネス展開している社長さんと出会い、ちょうど渋谷にネイルサロンをオープンするから、そこのマネージャー的な仕事ができないかな?と言われたので、その仕事をすることになったらしい。僕はその後すぐに名古屋に行ってしまったので、そのネイルサロンがどうなったかは、全く情報としては知りませんでした。
最近、その女性からメールが来ました。内容は以下の感じ。

「あのネイルサロンなんだけど、実は社長がとんだ食わせ物で、業者に支払を滞納したり、ネイリストの子達や自分の給料も平気で遅延させたり。その後連絡も取れなくなって、給料も全く払われなくなったので、労基署に相談したりもしたけど、結局もらえぬままだったのよ」

と、ここまで読んだら、テンション下がる内容だったんだけど、その後がものすごい。

「で、アタマ来たから、そこで働いていた技術力高いネイリストを引き抜いて、自分で店を出店しちゃった!もうすぐオープンだから、開店祝いのお花よろしくーーー!」

って(笑)。
いやはや、そういう乗り越え方があるのか!とメチャメチャ勉強になりました。僕が同じ立場だったら、そういう発想はまず浮かばないと思います。自分のことで精一杯になるもんね。ネイリストとも普段からコミュニケーション取っていたから、向こうも信用してくれたんだろうしね。
究極のポジティブ発想だなあ!!!と感動したので、記事にしてみました(笑)。

▲PAGE TOP